□■chain reaction■□ ~boring life2~

<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
アンジュール―ある犬の物語
アンジュール―ある犬の物語 (JUGEMレビュー »)
ガブリエル バンサン
鉛筆デッサンだけで描かれた絵本。文章はもちろんありません。だけど伝わって来る犬の想い。こういう本が「真の絵本」だと思います。
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
チベットに平安を!
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
日本沈没
評価:
草ナギ剛,小松左京,樋口真嗣,柴咲コウ,及川光博,豊川悦司,大地真央,石坂浩二,成島出,加藤正人
ジェネオン エンタテインメント
¥ 2,580
(2007-01-19)
 会議で静岡へ。
 皆で校長の車に同乗。校長は普段から車内でDVDを楽しむ人だ。今日は長距離だということもあり、前から見たかったという「日本沈没」がセットされていた。
 ディスプレイには沈み行く日本。車窓からは富士山が本当に美しく見えた。

 その時、今まで漠然としか分からず、言葉にできなかったことがはっきりした。
 私は「日本」とか「国」とかを思う場合、「国家」という政治的・文化的な機構としてではなく、かなり生物的なイメージを思い浮かべていたのだ。自分は日本国という国家に属するから日本人である、というのではなく、「日本」から生まれて来たから日本人だと言う感覚。「母国」という言葉があるが、日本は(自然や文化、歴史全てひっくるめて)自分の母であり、父である、そんな言葉が頭の中に浮かんだ、いや輝き出たような感じだった。
 自分は「日本人」として括られるのは好きだが、「日本国民」で括られるのには違和感を感じるのもこの辺りなのかな。

 帰路、横浜に近づくにつれて、風景に占める人工建造物の割合が多くなっていった。私は田舎育ちの人間だから、「日本」とか「国」という言葉に有機的なイメージを伴わせている。しかし、全くの都会で育った人間にはまた違ったイメージが湧くのだろう。
 ひょっとして「愛国心」という言葉に過剰に反応する輩には、「国」に対する具体的なイメージがなく、統治機構や政治機関としてのイメージしかないが故に、「愛国心」=「国家に対する忠誠」みたいな捉え方をしているんじゃないだろうか、とも思った。 


 もし日本が沈没するとなったら、私はどうするだろう。「日本」を残すために海外に出るべきじゃないか、とかも思ってみたが、最終的には日本に残るんじゃないかな。好きな日本が沈んじゃうなら、最後は一緒にいたい...という自分でありたい。
 とか、格好いいこと言いながらそういう自体になったらパニックになって人を押しのけてたりするかな....。

 そんなことを考えていたら横浜に着いた。


 あ、DVDはすごく良かった。結構涙もろいので、草薙君の遺書というか手紙のシーンでは同僚に悟られないようにするので必死でした。

>せったん
トイザらスっすか・・・最近行ってないなぁ・・・
でも何か楽しそうだなぁ・・・
色々見ちゃうと半日くらい簡単に過ぎちゃいそうだなぁ・・・
デートでトイザらス連れてくとあまり良い顔をしない女の子も居る中
ミクロマンが見たい・・・言う女の子はかなり貴重ですので・・・お大事に・・・

 たしかにかなり貴重ですね(笑) 共通点のある買い物は本当に楽しいです。

>bigさん
むううううう・・・
コメント・・・遅れて誠に申し訳なし!
未だ私は人の死に直接触れた事が無いので実感こそないにしろ、
誰しもが避けて通れずにいられない道と考えると
何かしら不思議な気分になってきます。

シロさんのおばあちゃん、素敵なおばあちゃんなのですね♪

 遅れただなんてとんでもないです。
 当たり前のことなんだけど、生まれて来たら確定事項は「いつか死ぬ」ってことなんですよね。そう考えると大切なのは「命」そのものよりも「どう生きるか」って事なんじゃないかなと、祖母を見てそう思いました。
 どこにでもいる普通の老人でしたが、私にとっては本当にすてきなおばあちゃんでした。
a boring life | 00:42 | comments(2) | - | - | - |
スポンサーサイト
- | 00:42 | - | - | - | - |
コメント
from: ant   2007/04/18 10:34 PM
手紙のシーンも良かったですね。
私が一番グッときたのは母船からの最後の潜航、甲板上で整備の人たちが見送るシーンでした。
おんぼろを故障などが無いように完璧に整備したのに故障以外の理由で帰れないと結果は判っている、送り出す側と送られる側の気持ちがなんかね・・・。
映画館で見たのですが、こちらもそのときは大変でした。
涙もろくなってきたのはやっぱりとs・・・
from: シロ   2007/04/25 12:09 PM
>おんぼろを故障などが無いように完璧に整備したのに故障以外の理由で
>帰れないと結果は判っている、送り出す側と送られる側の気持ちが
>なんかね・・・。

ああ、そこも良かったですね。後半の部分は帰りの車中になったんだけど、後部座席のうるさいのがくだらない解説を求めて来たりして、集中して見られなくて記憶があやふやになってました(笑)

>映画館で見たのですが、こちらもそのときは大変でした。
>涙もろくなってきたのはやっぱりとs・・・

映画館だとすごい迫力だろうなぁ。涙もろいのは昔っからです。まぁとs....
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.